スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに心躍る読書体験をした話

「好きな作家は?」と問われたとき、その定義はさまざまだと思う。仮にここでは好きを「新刊をハードカバーでも買うかどうか」とするのであれば、私の場合その数は片手におさまってしまう。
具体的に最近ハードカバーで書籍を買った作家は、村上春樹、川上未映子、綿矢りさ。終わり。
山田詠美とか村上龍も好きだけど、ハードカバーでも買おうとは思わない。
文庫は買うハードルが低い分、結局積読本になりがちだし、要するに私は特定の作家の作品ばかり追う傾向にあって読書の幅が狭い。

とりわけ社会人になってからは、開拓者精神(会社が掲げる理念のひとつだったりする)もなく、好きな作家の本ばかり手にしていた。

そもそも最近はほとんど読書をしていなかったのだけど、『職業としての小説家』、『あこがれ』なんかを読み、久しぶりに本を楽しんでいたこともあって、なにか新しいものを読んでみたいという気になった。

話は変わって中学生のとき、図書館で『海と毒薬』を借りたことがある。しかし序盤からほとんど内容が頭に入らず、諦めて読み終えることなく返したことを覚えている。それ以来、遠藤周作の作品に触れたことはなかった。

今回、高崎にある本屋の棚をぐるりと見回して、読みたいと思ったのが遠藤周作の『深い河』だった。

結論からいうとめちゃくちゃおもしろかった。早く展開を知りたいと、はやる思いを抑えながら頁をめくる時間のなんと豊かなことか。

物語に登場する美津子と大津の関係が目を引く。愛で結ばれているわけではないが、二人とも愛とは何かを追い求めている。もどかしさ、哀しさ、滑稽さを抱えながら人生の意味、のようなものを不器用に追い求めている姿は印象的だった。

読書の秋、一作品も読んだことのない作家の作品を読もうと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。